FC2ブログ
topimage

2019-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラルフ・昨日夕方からどっか痛い… - 2012.08.13 Mon

昨日夕方からの話。
IMG_0415.jpg


17時ころに、寝ていたラルフに触ったらビックリして『キャン!!』

こちらがビックリして抱っこして落ち着かせたけど、様子がおかしくハウスに入ってしまった。
相変わらず大げさな~と思っていた・・・

しばらく経っても出てこない。

夕ご飯を用意したら、目はキラキラ&口はペロペロしているのに、自力でお皿から食べようとしない\(◎o◎)/!
これはかなりオカシイ!!!!!

一口ずつ食べさせるとガっついて食べる♪
でも、動こうとしない…

その後、トイレシートに連れて行っても尿もウンチもせずに、すぐにハウスへ戻ってしまった。

どこかが痛いのだろうと想像出来るけれど、元気は無いけど歩けるし、腰や足を触って確認しても痛がる様子が無い。
どうしたのだろう・・・

尿をしないのは結石が詰まっちゃったのか!??
膝や股関節の脱臼があるのか???
ヘルニアになっちゃったのか????
腎炎や肝炎、膵炎とか発症しちゃったのか?????
考えるとキリがない。。。

困った(@_@;)

だって、ホームドクターは昨日12日から16日までお休みなのだ。

とりあえず、朝まで様子を見て(昨夜は眠れずに、オリンピック~閉会式まで観れたわ)(2時くらいには痛みからか!?『キュー・・キュー・・』と鳴くラルフに話しかけたり、口元まで水のお皿を持って行って飲ませたり)ホームドクターの留守電に状況を残した。
ホームドクターが旅行などで不在で無い事を祈りながら・・・

リバース動脈管開存症と診断されてからは、ホームドクターと麻布大学動物病院以外の先生に診ていただいた事は無い。

だから、こんな時はかなり不安!
緊急時は留守電に残すようにと言われているけれど、先生が不在の場合は診療できないもの~

他の獣医さんへ向かおうと準備していたらホームドクターから電話!!
『今から来られる?』との事♪

涙が出たよぉ~~~

『リバース動脈管開存症』の症例を診た事のある一般獣医さんはとても少ないハズ。
だから飛び込みで新たな動物病院へ行ったとしても、ラルフの病気と闘病状況を0から説明しなければ診察へ進む事は出来ない。
見知らぬ獣医さんへの不安が大きかったのだ。

診察の結果!
頚椎、腰椎、股関節、膝関節、下肢の強い痛みは無し。
麻痺も無し。
嘔吐&下痢&熱も無いので、内臓系の痛みの可能性は低い。
トイレシートでは尿をしてくれないので、外でルークのマーキングの後に尿をしている様子を観たら、ちゃんと『ジャァー』って出ていたので、結石の可能性も無い。

触診で、腰とお腹が少し張っている感はあるので、腰痛の可能性高いかなぁ~とのこと。

一晩中、私の頭の中をよぎっていた不安要素がほぼ排除された!
ヘルニアの可能性は否めないけれど・・・

もう一度、住環境を見直して、腰に負担がかからない様にします!!!

今はいつも通りのラルフだ(#^.^#)
おやつのヨーグルトは自力でお皿から食べてくれたし、尿もトイレシートにしてくれてた♪♪♪

しばらくは鎮痛剤投与&安静に過ごして、痛めた腰を治すよ~

しかし『なんか腰がいたい!!』『膝が痛くて…』とか言ってくれないだろうか(T_T)
触って『そこ痛い!!』って反応が無いと、本当は何処が痛くて不調だったのかが解らないよぉ。。。

どうか、ラルフの身体に今以上の負担がかかりませんように!!!!!!

スポンサーサイト

● COMMENT ●

ヘルニアは心配だけど、内臓じゃなくてよかった!ホームドクターさんもよい方でよかったです。
ラルフーがんばれ!ちゃんとご飯食べるんですよ!

あら、どうしちゃったのかな。
冷えて身体が痛いとか?
どこかに毛玉が出来ていて動くと痛いとか?
気圧も乱れてるから調子悪いのかも。

ホントに痛い苦しい時は喋ってくれたらと思いますよね。
犬は我慢強いから余計にそう思います。

良くなりますように。

kumaさん~

ご心配をおかけします(^_^;)

ホームドクターに対応してもらえて、本当に助かりました!
今回、自分がホームドクターを頼りにしている事を再認識しました(^^ゞ
『チョイと頼りないんだよなぁ~~~』と思っている先生なのだけどね(笑)

昨日の朝までの様子がウソのように、昨夜からいつものラルフです♪
『ラルフ!!(--〆)』って怒鳴るのも嬉しいですねぇ~(^◇^)

totobokuさん~

たぶん腰が痛かったのかな~と思っています。
今朝からいつも通りで、昨日の朝までの時間がウソみたい(笑)

腰椎を各所圧迫しても痛がらず~
ワンコにもぎっくり腰ってあるのかなぁ??なんて、今は考える余裕も(^^ゞ

でも、しゃべってくれたらホントに良いのにね~~~
アニマルコミュニケーターになりたい!!って思いました!!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://papinoho.blog.fc2.com/tb.php/144-995019c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラルフは元気復活です!! «  | BLOG TOP |  » ルーク・麻布大学病院受診~

プロフィール

rin

Author:rin
パピヨン☆ルーク&パピヨン☆ラルフとrinがのほほんと過ごす日々の話です~

茶白のルーク♂は13歳。
タンパク漏出性腎症(膜性腎症)の闘病生活中。
食べることが大好き♪

トライのラルフ♂は8歳。
生まれつきの心臓病(リバース動脈管開存症)を抱えているけれど、病気に負けずに元気に遊んでいる。
おもちゃとルークが大好き♪

ルーク&ラルフの応援をヨロシクお願いしますー☆

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ワンコ (45)
ルーク☆ (44)
ラルフ☆ (67)
ひとりごと (27)
山歩き (16)
ウクレレ (3)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ 人気ブログランキングへ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。